Language: English | Japanese

Cambridge, MA, January 27, 2022 — TriNetX, the global network of healthcare organizations driving real-world research to accelerate the development of new therapies, has announced that Shogo Wakabayashi has joined the company as Country Manager for Japan. Wakabayashi, a business leader with extensive global experience bringing new offerings to market, will be focused on expanding the TriNetX network among healthcare organizations in Japan.

“Shogo’s global experience and innovative spirit greatly enhances the TriNetX team and establishes leadership for us in Japan,” said Steve Lethbridge, Senior Vice President, Global Healthcare Partnerships. “His entrepreneurial drive and success in launching new business initiatives is exactly what we need to deliver the value of the TriNetX network to healthcare organizations in the country.”

Wakabayashi has succeeded in senior-level positions with Philips Japan and with a Japanese IoT startup. As the Senior Program Manager for Connected Care Informatics with Philips, he led the company’s launch of its EHR business in Japan, as the first foreign EHR to enter the world’s second largest EHR market. He also successfully delivered multiple new businesses in Online-Merge-Offline (OMO) commerce as a hands-on consultant at Nomura Research Institute.

“I’m thrilled to be a part of the TriNetX organization and pleased to contribute to the global expansion of the TriNetX ecosystem,” said Wakabayashi. “Japan is third only to the U.S. and China in the pharmaceutical market and growing the network of healthcare organizations is critical for supporting research activities in the country.”

TriNetX is the largest and fastest growing collaborative research platform with healthcare organizations and life sciences companies spanning North and South America, EMEA, and Asia-Pacific. The company offers a unique opportunity for healthcare organizations to join its network and take advantage of up-to-date, global real-world data (RWD) for investigator initiated and industry-sponsored research opportunities.

“TriNetX has experienced tremendous growth, and as more healthcare organizations join the network, the greater all members benefit especially in terms of the ability to conduct collaborative research with peer institutions both within Japan and across the world,” Wakabayashi continued. “Investigators leverage the power of the TriNetX platform to better understand patient populations, and that power ultimately unlocks opportunities to publish in prestigious peer-reviewed journals, and engage with life sciences companies for sponsored clinical trial and chart review opportunities.”

Wakabayashi will be presenting a webinar for Japanese healthcare organizations titled, The Benefits of Global Clinical Research and Trial Network Leveraging Large-Scale Real-World Data on February 9, 2022 at 6:00 PM JST. To register, please visit: https://www.trinetx.com/healthcare-organizations/japan-hcos/#webinar

####

About TriNetX, LLC
TriNetX is a global network of healthcare organizations and life sciences companies driving real-world research to accelerate the development of new therapies. Through its self-service, HIPAA, GDPR, and LGPD-compliant platform of federated EHR, datasets, and consulting partnerships, TriNetX puts the power of real-world data into the hands of its worldwide community to improve protocol design, streamline trial operations, refine safety signals, and enrich real-world evidence generation. For more information, visit TriNetX at www.trinetx.com or follow @TriNetX on Twitter.

Media Contact
TriNetX, LLC
Bill Stetson
(857) 285-6038
press@trinetx.com

 

TriNetX、日本カントリーマネジャーに若林昭吾が就任

言語:英語 | 日本語

ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)2022年1月27日 医療機関のグローバルネットワークであるTriNetX(トライネットエックス)は、日本のカントリーマネージャーとして若林昭吾が就任したことを発表しました。若林は新しいプロダクトの市場投入に関するグローバルな経験を持つビジネスリーダーであり、日本の医療機関におけるTriNetXのネットワークの拡大に注力します。

グローバルヘルスケアパートナーシップ部門のSteve Lethbridge上級副社長は「若林のグローバルな経験と革新的な精神によりTriNetXのチームを強化し、日本でのリーダーシップを確立します。彼の起業家精神と新規事業立上げの経験は、TriNetXのネットワークの価値を日本の医療機関に提供するためにまさに必要なものです」と述べています。

若林はフィリップス・ジャパンと日本のIoTスタートアップで上級職を務めてきました。フィリップスのコネクテッドケア・インフォマティクス部門のシニアプログラムマネージャーとして、世界第2位のEHR(電子健康記録)市場に本格参入する初の海外製EHRとして日本での同社EHR事業立上げを主導し、また、野村総合研究所のハンズオンコンサルタントとして、Online-Merge-Offline(OMO)コマースにおける複数の新規事業の実現を成功に導いてきました。

若林は「TriNetXの一員となり、TriNetXのエコシステムのグローバルな拡大に貢献できることを嬉しく思います。日本の医薬品市場は米国と中国に次いで第3位であり、医療機関の会員数を増やすことは日本の研究活動を支えるために重要です」と述べています。

TriNetXは北米・南米、欧州・中東・アフリカ、アジア太平洋地域の医療機関やライフサイエンス企業が参加する、最大かつ最速で成長している共同研究プラットフォームです。TriNetXは医療機関がそのネットワークに参加し最新のグローバルなリアルワールドデータ(RWD)を利用して、医師・研究者主導臨床研究または企業主導臨床研究を行うことができる貴重な機会を提供しています。

「TriNetXは驚異的な成長を遂げており、ネットワークに参加する医療機関が増えれば増えるほど、日本や世界の医療機関との共同研究の機会が拡大するという点で、すべての参加機関に大きなメリットがあります」と若林は続けます。「TriNetXプラットフォームの力により、研究者が患者集団をより深く理解し、権威ある査読付きジャーナルでの発表や、ライフサイエンス企業との企業主導治験やチャートレビュー研究に貢献するのです」。

若林は、2022年2月9日午後6時(日本時間)より、日本の医療機関を対象としたウェビナー「大規模リアルワールドデータ(RWD)を用いたグローバルな臨床研究・治験ネットワークの活用」を開催します。お申し込みは、https://www.trinetx.com/healthcare-organizations/japan-hcos/#webinar をご覧ください。

▽TriNetX, LLCについて

TriNetXは、新しい治療法の開発を加速するためにリアルワールドデータを用いた研究を推進する医療機関とライフサイエンス企業のグローバルネットワークです。TriNetXは、EHR、データセット、コンサルティングパートナーシップによる連邦型のセルフサービス・プラットフォームであり、HIPAA、GDPR、LGPDに準拠しています。世界中のコミュニティにリアルワールドデータの力を提供し、プロトコールデザインの改善、治験運営の効率化、リアルワールドエビデンスの構築を推進します。詳細については、TriNetXのウェブサイト(www.trinetx.com)をご覧いただくか、Twitterで@TriNetXをフォローしてください。

▽メディア問い合わせ先
TriNetX, LLC
Bill Stetson
+1 (857) 285-6038
press@trinetx.com (日本語可)